EMERGENZA NEWS

エマージェンザ・ジャパン2020東京予選第9戦結果・レビュー

2020東京予選第9戦

日本一のインディーズミュージシャンを決める大会!
エマージェンザ・ジャパン2020予選第9戦
2/15下北沢ERAの結果及びレビュー

1位 ザ・クレーター 60票
2位 麗 43票
3位 NoBrand 41票
4位 The TENGUZ 40票
※以上4組が準決勝進出
5位 U:nagi
5位 MODOKACY
5位 Rose of May
——————————-
ザ・クレーター
ベテランのフォーピースロックバンド!超大盛り上がりのライブを披露!圧巻の実力を見せつけてぶっちぎりの票数を獲得!見事1位で準決勝進出!

ザ・クレーター


18歳のシンガーソングライター。武器はアコギと声のみ。オリジナリティー溢れる曲と声が魅力。堂々としたばらしいライブを見せてくれた。この予選では唯一のソロアーティストだったが、見事2位で予選突破!

NoBrand
歌あり音ありダンスありの超絶エンターテインメントバンド!パフォーマンスももちろんすばらしいが全メンバーがステージに立った見栄えだけでもすごい!最高のトップを飾ってくれた!

NoBrand

The TENGUZ
山から下りて来た5柱が繰り広げる和と洋がミクスチャーされた摩訶不思議なロックバンド!独特なスタイルで会場を沸かした!

The TENGUZ

U:nagi
このライブが旗揚げライブとなったオルタナティブスリーピースバンド!以前はMother Leafとして活動をしていた(エマージェンザも過去に何度か出場)。ストレートな歌詞とスリーピースならではのサウンドが魅力。

U:nagi

MODOKACY
メンバー全員22歳。都内を中心に活動中の若手4人組バンド!メロディアスオルタナティブロックを披露。これからが非常に楽しみなバンド。ラストを飾ってくれた。

MODOKACY

Rose of May
静岡から参戦!5人組の実力派ラウドロックバンド!今回の予選ライブでは一番激しいサウンドをぶちかましてくれた。MCで笑いも取り会場を沸かした。今後もっともっと東京でもライブをして欲しいバンドだ!

Rose of May

——————————-

勝ち上がったアーティストは2020年4月~5月の準決勝ライブに出演!
夢はドイツへ!世界デビューへ!DON’T MISS IT!!