EMERGENZA NEWS

エマージェンザ・ジャパン2019-20予選第2戦結果・レビュー

EMERGENZA2020-2

日本一のインディーズミュージシャンを決める大会!エマージェンザ・ジャパン2019-20予選第2戦10/19下北沢ERAの結果及びレビュー

1位 RedBedRock 35票
2位 ザ・ボノボンズ 21票3位 Pale blue sky 18票
※以上3組が準決勝進出


4位 去ろ眼 , 4位 RUI&まる , 4位 Taishi Nomura
4位 the time is looking for the new life
——————————-
——————————-
RedBedRock
メンバーがベネズエラ、プエルトリコ、カナダと日本出身という超国際派バンド!英語と日本語、曲によってはスペイン語なども!様々な言語を使った歌詞と日本人には出せないパワフルなサウンドが魅力。見事予選1位で準決勝進出を決めた!

RedBedRock

ザ・ボノボンズ
千葉から参戦。過去にも一度エマージェンザに参加。二度目のチャレンジをしてくれているザ・ボノボンズ。ハッピーになれるパンクロックがめっちゃ楽しい!会場はめちゃめちゃアットホームな雰囲気に!2位で予選突破!

ザ・ボノボンズ

Pale blue sky
埼玉出身の5人組バンド。ギター、ベース、ドラムはもちろん、DJやキーボードなども使ったポップミクスチャーロック。今後が楽しみな若手バンド!3位で準決勝進出。

Pale blue sky

去ろ眼
独特な世界観をもったスリーピースガールズバンド。残念ながら10月23日に宇宙に行ってしまう(解散しちゃう)との事ToT。いろいろな思いを込めてエマージェンザにも参加してくれた。10月23日の19:10~下北沢ろくでもない夜が地球での最後のライブ!

去ろ眼

Taishi Nomura
岡山から参戦。打ち込みとエレキギターを使ったソロアーティスト。ポップロックな曲調にストレートな歌詞で会場を沸かした!

Taishi Nomura

the time is looking for the new life
キーボードボーカルの女性シンガーソングライター。キーボードだけでなく打ち込みなども使用し、バラード曲をメインとしたライブを披露してくれた!

the time is looking for the new life

——————————–
勝ち上がったアーティストは2020年4月~5月の準決勝ライブに出演!
夢はドイツへ!世界デビューへ!DON’T MISS IT!!!