FAQ

FAQ

優勝及び各賞などの特典

優勝賞品:ドイツ・WORLD FINALに出演(ドイツで優勝➡欧州ツアー)
ベストボーカリスト賞 – ワイヤレスマイク等
ベストギタリスト賞 – ギター又はアンプ
ベストベーシスト賞 – ベース又はアンプ
ベストドラマー賞 – シンバル等
ドイツ大使館賞 – 青山でのドイツフェスに出演
渋谷eggman特別賞 – CDプレス500枚
エントリージャパン賞 – パワーブリーズとイヤーレーサー進呈
e☆イヤホン賞 – ワイヤレスヘッドホン進呈
Studio Chapter H[aus]賞 – 2日間のレコーディング (エンジニア付)
SMART USENエマージェンザ・チャンネル – 出演・優勝インタビュー
JUNGLE LIFE – 優勝インタビュー

※賞品内容は変更になる可能性がございます。

どうやって参加するの?

エントリーボタン

をクリックして、必要情報を記入すれば、エマージェンザ事務局からメールにてご連絡いたします。

エマージェンザは誰が出られるの?

エマージェンザはプロ・アマ問わず参加することができます。
応募時点でインディーズであることのみが参加条件です。
年齢・国籍・性別・音楽ジャンル・人数構成など一切問いません。
活動始めて間もない方〜長年活躍してきた方まで誰でも参加できます。
※どこかに所属されている方は、所属・レーベル先等で参加に問題がないか確認をしてください。
※カバー・コピー曲のみでは参加できません。最低1曲はオリジナル曲が必要です。

参加料はいくら?

8000円(税込)です。

その後、勝ち進んだ場合でも追加費用はかかりません。
日本代表になり、ドイツ世界大会への渡航費・現地移動費・フェス会場及び宿舎の食事はエマージェンザ側で負担します。
※パスポートなどはご自身でご準備をお願いします。

出演したアーティストはどんな人がいるの?

Nico&Vinz(全米4位),常田大希(Didi’s asiangroundjam、King Gnu),Novelbright,
Faints,TarO&JirO,TAKUYA,Amelie,ninja beats(ドイツ大統領御前演奏)他数多くのアーティストが
出演し、現在も活躍しています。

映像で川村ケンスケ氏(嵐・サザンオールスターズ・安室奈美恵等のPV撮影監督)、
動画配信ミックス・優勝アーティストプロデュース等で故佐久間正英氏(GLAY,JUDY AND MARY等のプロデューサー)、
伊藤涼氏(修二と彰等のプロデューサー、作曲家)にも協力していただいています。

ライブハウス

関東
渋谷eggman,渋谷O-EAST,渋谷O-WEST,原宿ASTRO HALL,新宿LiveFreak,渋谷aube,渋谷乙,渋谷TakeOff7,下北沢ERA,新宿NineSpices,新宿JAM,新宿HEADPOWER,新宿OREBAKO,稲毛K’sDream,関内BayJungle,横浜BAYSIS,吉祥寺WARP,TOKYO FM HALL

大阪
千日前ユニバース,あべのROCKTOWN,南堀江 knave,心斎橋 SUNHALL,心斎橋 AtlantiQs,大阪福島 2nd LINE,酔夏男,歌う魚,心斎橋 Foot Rock&BEERS,北堀江 club vijon,寺田町 Fireloop, 心斎橋 FANJ

福岡
Live House CB, graf

(順不同)

歴代の日本優勝者は?

2008年 The Novelestilo ドイツ大会4位 ベストシンガー賞
2009年 ぐるぐる  ドイツ大会6位
2010年 花ト散るらん ドイツ大会優勝
2011年 S.H.E    ドイツ大会4位 ベストベーシスト賞
2012年 Avaivartika ドイツ大会4位 ベストベーシスト賞
2013年 Goodmoon (TarO&JirO) ドイツ大会6位 ベストギタリスト賞
2014年 The Asphere’s ドイツ大会14位
2015年 ninja beats ドイツ大会優勝
2016年 スキッツォイドマン (大阪大会優勝) ドイツ大会7位、2016年 SweetSleep (東京大会優勝) ドイツ大会21位
2017年 SNARE COVER ドイツ大会4位 ベストシンガー賞
2018年 than ドイツ大会7位
2019年 ulma sound junction ドイツ大会3位 ベストギタリスト賞
2022年

エマージェンザの歴史

エマージェンザとは、イタリア語で出現という意味の単語です。その歴史とは、
1991年にインディーズバンドのコンテストのようなフェスをやろうと発案。
1997年にロンドンのアストリアにて初めてヨーロッパ決勝が行われた。
2003年にアメリカ、2006年にオーストラリア、2007年に日本へ進出
その後、世界中へ拡大をして、現在に至っています。
世界最大級のインディーズ・アーティスト・ライブ・コンテストです。